医者も神も万能ではない

さてさて、自立の反対は、依存です

自立が自分の足で立っている状態なら、
依存は、相手に寄りかかって、
立っている状態です

○○がないと
立っていられない、

自分が立つこと、
生きることに、
条件がついているんですね

そして、実は、
自分の足で立つことができないこと
が、生きづらさの大きな原因でもあるのです

さてさて、本日のタイトル
「医者も神も万能ではない」

今日、私があることを通して
感じたことです

あなたは、体調が優れないとき、
どうしますか?

病院に行って検査もしてもらいましたが、
特に、悪いところはありませんと言われる

中には、
自律神経失調症という
便利な言葉で片付けられて
しまうこともあるかもしれません

または、
あなたは、願い事があるとき、
どうしますか?

神社におまいりに行って、
お願いするかもしれません

毎日、願掛けのように、
願い続ける人もいるかもしれません

どれも間違っていません

具合が悪いときは、
お医者さんに行ったほうがいいし、

何か、原因が見つかれば、
治療してもらったほうがいい

願い事も、神様にお願いしたらいい

だけどね、知っておいてほしいのは、
お医者さんに行きさえすれば、
何でも治してもらえるし、

神様にお願いをすれば、
きっと助けてもらえる、
わけではないということです

sunset-1670219_960_720

どうにもだるくて、
いつも何もする気がおきない・・・

夜もあまり眠れず、
四六時中体調が優れない・・・

だけど、お医者さんに行っても、
特に悪いところはなく、
原因不明ですと言われる

お医者さんは、
あなたの不調を聞いて、
その原因を調べる人

そして、原因が見つかれば、
医学の範疇で治療をするのが仕事です

原因がなければ、
お医者さんは仕事をすることができません

あなたのことは、
あなたが向き合うしか、
なかったりする

精神科で処方される薬が、
薬への依存状態を
招いていることを知っていますか?

または、
あなたが借金の返済に
苦しんでいたとする

神社に行って、
神様にいくらお願いをしても、
借金が減ることはありません

働いて、コツコツ返していくか、
それが不可能なら、法的な処理をするしかないんです

あなたの人生を、
誰かが背負ってくれることはありません

それが、自由ということ
自由の裏側には、
自分の人生を引き受ける責任、
があるのです

自由があるから、
人生を謳歌し、
生まれてきてよかったと思えるのです

自分の人生を引き受ける責任から
逃げる人は、管理されることを望みます

あなたは、どちらを選びたいですか?

どちらを選んでも、
メリット、デメリットが、あります

何も一人ぼっちで歩けとはいいません

自立するとは、
あなた自身の足で立つこですが、

私たちは、あなたのことを
見守ることはできます

あなたを力づくで
立たせることはできませんが、

あなたが自分の足で立てるまで、
そばで待っていることはできます

そして、あなたには、
自分の足で立つ力があります

その力を、
私は信じることができます