どうして月を詠むの?

占星術では、ホロスコープというものを使って読み解きを行っていきます

ホロスコープというのは、ある日、ある時間、ある場所においての惑星の配置のこと

惑星(月+太陽~冥王星)
サイン(牡羊座~魚座)
ハウス(1~12)

この3つの関係性で、いろいろなことを見ていきます

*月は天文学上は惑星ではないけど、占星術では惑星の仲間としてみます

その人が生まれたときのホロスコープは、ネイタルチャート

その人が生まれたとき、惑星がどのハウスの、どのサインにあるのかを見て、その人を占っていきます

また今この瞬間の惑星の配置を観て、今のあなたの運勢を知ることもできます
これがトランジット

それぞれの惑星には、公転周期(サインを移動するのにかかる時間)というものがあります

一番公転周期が短いのは、月

約2日くらいで1つのサインを移動します

なので「今日のあなた」「明日のあなた」の変化を観たい時は、月を見るのが一番なんです

そして月はすごく人間に影響を与える星です

地球から一番近いので、私たち人間は月の重力の影響を強く受けます

新月・満月のタイミングで、肉体的にも心理的にも影響を受けるし、本来女性の生理は、月の満ち欠けとリンクしていたもの

地球への影響でいうと、経済も、株価も、影響を受けている

そして、自然の流れにも・・

潮の満ちひきは、月の引力の影響を受けています

ということは、人の生き死ににも、影響を与えていると言えなくもない・・・

月の影響って、奥深いんだよね

特に女性は、昔から月と関連付けられて語られることが多かった

たとえば、占星術でも月は女性を現すもの

これは、女性のほうが、より月の影響を受けるということなのかもしれません

月詠みでは、12星座ごとに月との関係をメッセージしていきます
自分の太陽星座(○○月生まれの星座)で観てね