逃げることは悪いことか?

人間関係であったり、仕事であったり、自分に降りかかってきたように感じる、トラブル
うまくいかないこと、思い通りにならないこと

こうしたことに遭遇したとき、あなたはどうしていますか?

いろいろな対処があると思いますが、私の場合でいうと、かつての私はそうしたすべての問題から逃げていました

目の前の現実を見ようとせず、その原因を過去に求めてみたり、こうなったらいいなという未来に思いをはせることに酔ってみたり、「今、起こっていること」に集中せず、それ以外のことに意識を向け、現実から逃げていました

現実逃避することは、悪いことでしょうか?

良いことでも、悪いことでもありません

ただ、当時の私は、そんな自分からは変わりたいと思っていた

そして、当時の私は、「もし今を変えたいのなら、現実を受け止めることから始めないといけない」ということも分かっていました

だから、当時の私の願い「今の自分を変える」ということを叶えたいなら、「現実から逃げずに、目の前に起こっていることを信頼し、受け止める」ということが必要でした

私に起こることは、すべて私の内側から出てきていること

そして、大きな意味で、私に必要なこと
それを信頼する

私はそうして、現実を受け止め、少しずつ変化していきました

今だって、ゆれるときがあります

現実から逃避し、誰かのせいにしてみたり、過去の自分のせいにしてみたり

今、自分が背負うべき荷物を自分以外に背負わせようとする

今だって、そうして逃げそうになる自分に気づき、そしてまた思い直して、現実を引き受ける

その繰り返しです

でも、そう繰り返しているうちに体力がついてきました

引き受けられる器が大きくなった

そうすると、変容のふり幅も大きくなった

誰だって、逃げます

そして、逃げたっていい

私が、逃げない訓練をしているのは、逃げないことで自分が求めることが手に入ると思っているからです
逃げないことがいいことだからではありません

あなたは、どうですか?

あなたの手に入れたいことは何?

ひとついえるのは、自分を信じたかったら、やはりこの現実から始めるしかないということ

自分を信じる=自信とは、「私は大丈夫」と根拠もなく思えるということです

それは、この目の前のことを引き受けることから始まります

「私は大丈夫」だから、引き受けられるのです