ここにいることができない・・・逃げ続けていた私の話

今日も先日からの引き続き・・・
新しい世界と、軸について書いていこうと思います
(先日の記事はこちら⇒新しい世界の幕開け・・・周波数をあげるために必要なこと


二極化後の確立が始まる2017年は、新しい世界の幕開けとなる
そして、その新しい世界とは、周波数の高い、軽い世界
その新しい世界に行こうと思ったときに必要となるのが、軸(セルフの意識)

ということをお伝えしていました

 

セルフの意識

といっても、理解しづらいですよね

なので、何回かに分けて、軸や意識について、様々な側面から書いてみようと思います

 

軸がある、というのはどういう状態か?
それは、例えば、「ここにいることができる」ということかもしれません

なので、今日は、私が「ここにいれなかった」頃の話を書こうと思います
でも、これは何も、特別な話ではありません

ご縁をいただくクライアントさんの中にも、たくさんいます
そして、滞りなく社会生活を送っている人の中にも、たくさんいます

 

30代の頭くらいまでの私は、一枚膜を通して世界を見ているような感覚がありました
リアル、という意味が良くわかりませんでした

目の前で起こっていることがリアルに感じられないのです
楽しいとか、頭にくるとか、それは理不尽だ!とか、率直に感じて動くことができないのです

でも、こんなことはわかるのです

こういうときどうしたらいいのか?
どういうことを求められているのか?

もしくは、観察しているのです

どういう答えがあっているのか?
どういう行動が間違いではないのか?

だから、常に目の前に起こることが、どこか他人事で、自分事として感じることができない
言葉を変えると、自分の人生から逃げていました
自分を生きることから逃げていた

自分事として、現実を引き受けることから逃げていた

さて、自分の身に起こることをリアルに捉えることができないと、どんなことが起こるか?

虚無感が起こります

何をやっても、むなしい
何をやっても、満たされない
何もやる気が起きない

当たり前です
自分を生きていませんから

呼吸はしていますが、死んでいるのも同然なのです
すべてが、他人事
自分がない世界だから

だからね、軸を得るとは、人によっては、こんなことを意味するかもしれません

他人の人生を生きることから、自分の人生を取り戻す

自分が存在する世界を取り戻す

あなたは自分を無理に表現する必要はありません
あなたがここにいるのだと、声高に主張する必要はありません

あなたは、ただしっかり存在すればいい(だけど、それができなかったんだけどね)

自分の人生を取り戻すと、それは、それは、生きることは輝きに満ちるようになります
生きるとは、エキサイティングだと感じられるようになります

たとえば、風や、雲の形、木々のざわめきや、小鳥の声
感覚が冴え渡り、そうした、こもごもに感動し、生きていることが素晴らしいと感じられます

これが

軸がある
ここにいれている

ということであり、

軸を持ち、ここにいることができるということは、まさに周波数高く存在しているとも言えるのです

さてさて、難しい話はさておき・・・

あなたは、ここにいれていますか?

自分の人生を生きていると確信していますか?

自分をリアルに感じてるでしょうか?

もし、「あれ・・・?」と思ったら、あなたの人生は、あなたの気持ち次第で、もっと面白いものに変えられますよ

自分を生きるのは、面白い

そんな体験をしてみませんか?