プロフィール

 

IMG_3798

天職カウンセラー yukichi

1974年生まれ

高校卒業と同時に上京
文学座、つかこうへい劇団などを経て、
約10年演劇や映画の世界にかかわる

10代の頃から、生きづらさを抱え、自身を救うために
様々な心理療法、イメージワークなどを学ぶが、根本的な解決にはならず、
鬱々とした日々を送り続ける
そして、35歳のとき、 ついに社会生活がままならなくなり、バーンアウト
精神科クリニックにて、「境界性人格障害」と診断される
クリニックでの治療、グループ療法などを経て、丸3年、自分と向き合い、復活する

2014年より、自身の経験を生かした対人支援をスタート
主に「人生の目的」「使命」「魂のテーマ」を見つめ、
「その方が本来あるべき姿で生きる」ためのサポートを得意としている

メッセージ

はじめまして
天職カウンセラーの yukichi と申します

「自分のしたいことが分からない」
「私、何のために生きているんだろう」

ずーと、
20年以上自分に問いかけていた疑問です

10回以上の転職経験・・・
「うつ病」「境界性人格障害」と診断され、2度の病院通いを経験しました
社会生活がままならない時期さえありました
ずっと、
生きづらさを感じて、
自分のことが大嫌いで、
消えてしまいたくて、

どうしようもない寂しさや、
心に穴が開いたような空しさに耐えられなくて

恋愛に依存して、
仕事に依存して、
自分のことが分からなくなりました
でも、悩みつつも、学び、
たどり着いた答えは、

「誰でも皆、天職を持って生まれてくる」

そして、

「人生の苦しみ、悩み、アクシデント、 全ては天職を知るためのもの」

th_DSC00246

天職とは、誰もが持っている、生きるための答え
だけど、それが職業であるとは限りません

あなたは何のために生まれてきましたか?
あなたはどうしたいのですか?
どんな道が、あなたが納得できる道なのでしょうか?
それが答えであり、その答えに生きることが、あなたの天職です

今、私は、
あの頃のことが、
嘘だったかのように、
まるで霧が晴れたように、
すっきりとした気持ちで生活しています

全ての理由が分かったからです
その境界線は、髪の毛1本分くらいのものでした
なのに、その境界線を越えるのに20年以上かかりました

超えてみると、とてもあっけないものです
あなたも一緒に超えてみませんか?

天職カウンセラー yukichi

アメブロで、yukichi の生誕ストーリーを連載中
よかったら、こちらもどうぞ → 思えば遠くへ来たものだ・・・私の道ゆき

photo by まりりん