E・S 様 ご感想

早速のご送付誠に有難うございます。
何度も読み返させて頂きましたが、
「当たってる」ことばかりでとても驚きました。
運命数って、それならば同じ年の同じ誕生日の人は
同じようなタイプになるのかな、なんて素人な疑問も涌き。。。

チャートに書かれていたように、
第一ステージでは昔気質な家で育ってそこからしっかりと?出たいと思い、
留学ではなく、仕事をしてお金を稼いで海外で生きていく、という思いを決断、
実行するまでの時期でした
(実際には書かれていた31歳よりも3年前に実行しましたが)。

そして常に「仕事」で自己表現をしてきたこと、
そのために転職もしましたし、
海外で、そんな転職経験を生かして人材会社のコンサルタントをしていました。

ゆきちさんに惹かれ、お願いしてみよう、と思ったのは、
自分もやってきた転職と天職の話をとてもわかりやすく、
かつ、豊富な知識で発信していたからだと思います。

そんな中で結婚という枠の中で今までのように
「社会と繋がる仕事」から外れてしまったことに、自己表現の場を失い、
生活の面倒を見てくれている旦那に感謝をしながらも、
自分をどんどん失っていくようで、現に、私の住むサンフランシスコ近郊の
恵まれた環境にも、自ら素敵だな、と感じることができず、
心の中に壁があるような、そして書かれていた足かせをはめられているような、
そして「魂」という言葉を頂き、これだ、と気づきました。

魂の入っていない、地に足の着いていないような毎日になってしまったことに
悩んでいました。
自己表現の場としては、パートタイムの仕事を見つけ、
そこでまた社会と繋がったりすることで少しずつ自分を変えながら
(だましながら?と言うべきか)、
また、趣味を続けて表現の場を探していたこともまさに書かれていました。

そして、人の役に立つことに生き甲斐を感じると書かれていた点もまさにその通りです。
「橋渡し」、「縁の下の力持ち」のようなことができる仕事に自分の居場所を探し、
そこに依存しすぎているので「家庭」という社会に馴染めないんだな、と。

そこまでわかっておきながら、
「じゃあ自分の生きる道は?そのために今できることは?これからどうすればいいのか?」となると、
頭の中に霧がかかったようにぼんやりとしてしまいます。
答えが見えていないので、具体的にプランが描ける状態でもありません。
ただ 、答えを探す「きっかけ」は常に持ち続けていたいです。

感想と言いながら、身の上話をしてしまい、申し訳ございません。
運命シートは自分を見つめなおす、ヒントをくれるものでした。
これからどうなるかはわかりませんが、希望は失わないようにいたいです。
有難うございます!